「ほっ」と。キャンペーン

昆虫情報ブログ


キョウチクトウスズメ

Sさんが、九州に出張中に見つけられたキョウチクトウスズメの幼虫。

蛹になったのを、10月にいただきました。

言われた通り、観葉植物の根元に転がしておくと、

今朝、

無事に、羽化しました。

南方系で、目にされる機会が少ないと思いますのでUPします。

私もはじめてです。

f0177545_7504545.jpg

やはり、まず雄が出て、2、3日して、雌も羽化しました。
見ようによると、これも人面蛾ですね。

f0177545_752117.jpg


本当に素晴らしい色調ですね。

ウンモンスズメをサイケ調に染め直したような。
ゴーギャンの世界ですね。

もっともウンモンは、ウチスズメ亜科、こっちはホウジャク亜科なんですね。

本州側でも大発生することがあるとか。

また、出会ってみたいものです。

Sさん、本当にありがとうございました。

カミキリ屋が、ガにはまっています。

(むしのおっちゃん・三木進)
[PR]
# by konchukan2 | 2010-11-18 08:03 | ええ虫


明石市西部のクロマダラソテツシジミ

2年ぶりに、
明石市西部にクロマダラソテツシジミがやってきました。

八木先生が東灘で確認されてから、ひと月半。
11月3日に1♂が、我が家の超ミニ・バタフライガーデンに現れました。
新鮮な個体でした。

周辺を、週に2日は観察していましたので、ようやくといった感じです。

気温が18度を超えると飛びます。

陽だまりの、それも地面すれすれのクローバーやカタバミに吸蜜に来ていました。

クローバー
f0177545_1704689.jpg

カタバミ♂
f0177545_1711396.jpg

カタバミ♀
f0177545_1713641.jpg


いずれも低温期型で、一昨年と違って高く、素早くは飛ばず、
やや大きなヤマトシジミといった感じでした。

ヤマトが近づくと盛んにスクランブルをかけていました。

食痕もありました。♀が付近を飛んでいました。
f0177545_1743458.jpg


お決まりのシーンも。
f0177545_1751183.jpg

発生数は、あまり多くなく、十数頭といった感じです。

到着したのが10月で、軟らかいソテツの新芽がほとんどなかったからでしょう。

相坂さんは、赤穂辺りを調べてくださっていますが、まだ、飛来していないようです。

皆さんも、ご近所を調べてみてください。

(むしのおっちゃん・三木進)
[PR]
# by konchukan2 | 2010-11-12 17:13 | ええ虫


東灘区のクロマダラソテツシジミ

すっかりおなじみのチョウになってしまいましたネ。
神戸市東灘区住吉本町の、我が家の庭の植え込みにも、クロマダラソテツがやってきました。
f0177545_23415862.jpg


和名が長ったらしいので「ク・マ・ソ」と略する人もいるようですが、私は好みません。記紀神話の「熊襲」と「クロマダラソテツシジミ」には、何の関係もありません。クマソオオヨトウは、その分布から、それなりに考えられてつけられた和名と思いますが・・・

さて、本種の飛来は、9月半ばに気づきました。10月に入ると、毎日、花に来ていました。2匹いることもありましたが、追っかけっこをして、1匹が他個体を追い払うようでした。
2010年10月11日、12日と、2日間撮影しましたが、被写体は、おそらく、同じ個体だと思います。蜜源も占有しているのでしょうか。ヤマトシジミがやってくると、強く追い払っていました。そのくせ、そっと指を伸ばすと、止まってくれて、翅も開いてくれました。かわいいヤツでした。
f0177545_23421314.jpg


近くに発生源があるのかなあ、と思って歩いてみると、直線距離で50mくらいの阿弥陀寺の玄関に、ソテツがあり、クロマダラソテツが飛び回っていました。これまで気がつきませんでした。昨年はいたのかなあ・・・?
f0177545_2342698.jpg


このチョウチョ、なんだか、少し以前のツマグロヒョウモンのような感じですね。
今後は、どうなりますことやら。
そういえば、ウラナミシジミを見てないような気がしますが、気のせいでしょうか。。。

(八木 剛)
[PR]
# by konchukan2 | 2010-10-12 23:47 | トピックス


9月18~19日の灯火採集

この日は夜になっても秋らしい晴れの日で、ずいぶんと気温が下がりましたが
わりとたくさんの虫が飛んできました。

f0177545_221594.jpg



日が暮れてからわりと早い時間に、高校生の吉村君がクロメンガタスズメをゲット

f0177545_22173649.jpg



ヤママユも合計で10匹近く飛んできました

f0177545_22185358.jpg



甲虫類は、エンマコガネの仲間やゴホンダイコク、クロカミキリなど。


3週間前の調査とは大分飛んでくる面子も違っていました。
10月にはクスサンやウスタビガなども見られるようになるかもしれません。



(安岡)
[PR]
# by konchukan2 | 2010-10-01 22:24 | 佐用町昆虫館


六虫会in千種高原

2010年9月4日から5日にかけて、六虫会(「むちゅうかい」と読む)が、宍粟市千種高原で開催されました。
六虫会は、中国地方の蛾屋の集まりとして出発し、今回が25回目、つまり25年続いています。
今回の幹事の谷田昌也さんから「六虫会いうのん、するんや」という話をきいたのは、私が高校生の頃でした。ずいぶん長いこと続いているものです。懐かしい方ともお会いできて楽しかったです。


千種高原は、佐用町昆虫館から車で30分くらい。標高900mくらいあり、下界の酷暑とは別世界。涼しいです。
f0177545_8104848.jpg



虫屋さんが30人くらい集まりました。とりあえず夕食と一人一話。
f0177545_8103916.jpg



すでに飲んでいますが、その後、飲みながらいくつかの講演がありました。
六虫会の起源について、谷田氏が話をされました。故緒方正美先生が言い出しっぺだそうです。
f0177545_810308.jpg



持ち寄った標本や文献を見ながら、虫談義をしています。
f0177545_811641.jpg



いちおう、蛾屋の集まりなので、ナイターもしていますが、夕立が降ったこともあってとても涼しく、スクリーンは白いまま。兵庫の虫屋が「兵庫県でもぜひ毎年こういうのをやろう。どこがええかな」などと語り合っています。
f0177545_8102048.jpg


今回、はじめて、兵庫県での開催となりました。佐用町昆虫館ができたことで、ぜひその近辺で、とのご配慮によるものです。当日、翌日には、参加者の多くが昆虫館を見学されました。ありがとうございました。

(八木)
[PR]
# by konchukan2 | 2010-09-06 08:21 | トピックス

    

NPO法人こどもとむしの会兵庫の虫と動植物の情報
by konchukan2
カテゴリ
全体
初蝶リレー2013
佐用町昆虫館
情報求む!
ええ虫
トピックス
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧