昆虫情報ブログ


キベリハムシ羽化。

キベリハムシが羽化しました。

一昨年、キベリハムシを飼育して産卵は成功しました。
しかし、一頭も孵化しませんでした。大失敗でした。

昨年、もう一度挑戦です。
卵はたくさん産んでくれます。
より一層大切に管理しなくてはいけません。
これが失敗の大きな原因でした。

飼育容器の水槽の縁に産み付けられた卵は管理せずに
うっちゃって、雨ざらしにしていました。
春先の雨の後、何気なく水槽を見てみると
明らかにハムシの幼虫が水槽の縁を歩いています。
卵を見てみると小さな孔が開いています。

室内で管理している卵を
一分間ほど水につけて水分を含ませてみました。
すこしすると卵の色が濃くなり、プクプクしてきました。

大成功です。

一齢幼虫は春に新しく出たサネカズラの新芽部をかじっていました。
2度脱皮して終齢幼虫になり、ワンダリングを始めます。
いよいよ蛹化です。これがとてもアバウトで、
地表で蛹化するもの、2センチばかり地中に潜って
きれいに蛹室を作って蛹化するものと、半々でした。

内海先生にアドバイスいただいたように
グラウンドを貧栄養の砂にすると羽化率が高まりました。
内海先生、ご教示ありがとうございました。

キベリハムシの大量発生が話題になることがありますが、
その年は、少し春雨が長引いた年なのかもしれませんね。
f0177545_1319979.jpg

4月8日孵化確認。6月15日羽化。
f0177545_13213577.jpg

外来種でも、このような愛らしい、友好的な種もいるんですね。
[PR]
by konchukan2 | 2008-06-25 13:38

<< ヒラズゲンセイ      北の谷,南の谷 >>

NPO法人こどもとむしの会兵庫の虫と動植物の情報
by konchukan2
カテゴリ
全体
初蝶リレー2013
佐用町昆虫館
情報求む!
ええ虫
トピックス
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧